女の人

体の悩みはクリニックに相談しよう|最新の豊胸施術でバストアップ

シミや肝斑の治療

女性

広範囲に散らばってできたシミや顔にできた肝斑は、通常のスキンケアで消すことは非常に難しいです。特に肝斑の治療は非常に困難であり、シミや肝斑を消すには美容外科で治療を受けることが必要です。頬にできた肝斑は美容外科のレーザートーニングで消すことができ、肝斑が消えて顔に透明感が戻ってきます。レーザートーニングはいろいろな美肌治療で行われており、毛穴の開きを閉じたり、肌のくすみなどの色素沈着の解消にも効果を発揮します。美容外科のレーザー治療はシミの治療にも使用できますが、広範囲に拡散している小さなシミの解消は光治療の方が適しています。美容外科の光治療にはフォトフェイシャル等があり、シミの解消だけでなく皮膚のコラーゲンの生成を促進して肌にハリを与えます。

美白化粧品にはビタミンC誘導体などの美白成分が配合されており、肌のシミの解消に一定の効果が期待できます。しかし、いくら優れた美白化粧品であっても、色素沈着が進んだシミや肝斑を消すことはできないので注意が必要です。美容外科でレーザー治療や光治療の施術を受けると、美白化粧品では消すことができない色素沈着や肝斑を綺麗に消すことができます。レーザー治療や光治療で色素沈着を消せる理由は、色素沈着の原因になるメラニンを完全に破壊することが可能だからです。巷ではレーザー治療では肝斑は消すことができないという噂が広がっていますが、レーザートーニングであれば肝斑を消すことができます。ただし、普通のレーザー治療では肝斑を消すことは難しいので注意します。