女の人

体の悩みはクリニックに相談しよう|最新の豊胸施術でバストアップ

気になるなら前向きに

笑顔の女性

方法はいくつかある

ほくろはできる場所や大きさによっては悩みの種になる。あまりにも気になるようであれば除去してしまいすっきりした方が良いだろう。ほくろ除去の方法には幾つかの方法がある。ほくろの大きさによっても方法を使い分けることが可能である。現在主として使われている手法はレーザーによるほくろ除去である。レーザーにも2種類あり、一つは炭酸ガスレーザー、もう一つはQスイッチルビーレーザーである。炭酸ガスレーザーは色素細胞を破壊するので、盛り上がっているほくろも除去することが可能なのに対し、Qスイッチルビーレーザーはメラニン色素にのみ働きかけてほくろを除去するのが特徴である。他にも6ミリ以上の大きいほくろの除去に使われる切除法合法、電気メスを使う電気凝固法、6ミリ以下のほくろを根元からくり抜くくりぬき法がある。くりぬき法と切除法合法は保険適用になるケースが多いようだ。

保険適用になるケース

ほくろ除去には保険適用になるケースもあることは述べた。他にもそういったケースもはあるのだろうか。端的に言ってしまうと、ガンの疑いがあるケースである。メラノーマと呼ばれるほくろがガン化したものを除去する場合は、保険適用となるケースだ。メラノーマには幾つかの特徴はあるのだが、素人にはほくろとの判別がしにくいため、ほくろだと思い込んでいて除去が手遅れ、他部への転移が進んでしまう場合がある。早合点せずに医師に診てもらうことも大切だ。ほくろであればゆっくり考えれば良いのだから。はじめに述べたように、ほくろは悩みになる場合があるが、多くは美容上の観点からの悩みである。しかし、ガンの早期発見という可能性もあるわけなので、気になるほくろがある場合は前向きにほくろ除去を検討することをお勧めしたい。